スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナ姐
スポンサー広告  

フジファブリックpresents「フジフジ富士Q」@富士急ハイランド・コニファーフォレスト 2010/07/17  [後編]
fujiQ3.jpg
夜のフジQゲート みんな写メってました

ではでは休憩はさんで後半戦まいります!

後半はサクサク書いて終わろうと思ってたのに、どんどん長くなっていく(汗)
なら前半ももっと細かく書けばよかったのか?いやもう無理。


【氣志團】
BE MY BABYにのって登場!唯一、フジファブリックとの共演ではなくバンド単独で。真後ろの人が氣志團目当てだったらしく、終始すげー甲高い声で翔やーん!って叫び続けてたのがちょっとキツかったですが、やー面白かった。
1曲目は「ダンス2000」
さっきも聴きましたが(笑)こちらはアフー(でいいのか?)なかけ声が響きまくるパラパラバージョンでっせ~。楽しすぎる。

MCもさすが沢山笑わせてくれました。
「なんでオマエらが?って思う人も沢山いるでしょうが、俺らがバイトしてたライブハウスに19才のカワイイカワイイ正彦が履歴書持ってやってきて以来の仲です。早番を一緒にやってて、アイツの方が家が近かったので時々タイムカード押してもらってました。」
「氣志團のギグでONENIGHT CARNIVALを聴いてディスコいいっすねって言ってくれて、それでつくってきたのがこのダンス2000です。これだけ軽快な四つ打ちのダンスビートでこれだけ気が晴れない曲もフツウない」
「正彦が初めてつくってきたのが「武田の心」という曲で民生さんと吉井さんが出会ったような曲でした。なんで武田なんだって聞いたら山梨出身なのでとか。次の曲はこの武田の心をやろうかと(客おおーーーっ)…思ったんですが、部屋を探してもテープが見つからないので違う曲を」
「正彦が山梨に帰るって言ったことがあってじゃああの曲くれよって言ったら、やっぱり帰るのやめますって言って」
もうお腹がよじれるほどに笑わせてもらったけど、志村くんを正彦って呼んでたのは氣志團だけで、本当に仲が良かったんだなってのがわかるエピソードばかりで笑えるけど心が温かくなりましたよ。
そしてあの曲くれよの曲はこれでした。
「茜色の夕日」
上半身裸で歌う「茜色の心」ってすごい絵。でもこちらは笑う要素なし。MCとも相まって志村くんへの愛を強く感じる茜色にまたちょっとウルウル。

またまた転換のためやや休憩。


【和田唱】
大ちゃんに後半戦にふさわしい男と紹介されて出てきたのが和田唱!
グレーのスーツ!きゃいーん♪かっこええ!素でトキメキました(笑)
1曲目はなんと「Strawberry Shortcakes」
この曲?意外すぎってビックリしたけどでも合う!
前から思ってたけど志村くんと和田唱の声はべたっとした感じが共通してるんだよね。まあ和田唱の方がより甘いんですが、その甘さがこの曲にがっつりハマった感じ。バンタンバンタンとかドンパンドンパドンパンとかも和田唱が歌うとかわいいし、もひとつ僕のイチゴ食べてよとか言われちゃ、ねえ。照れる~(何故?)間奏で総君と向き合っての掛け合いが何度もモニタに映ってこれまだドキドキしてしまいました。要するにずっと萌えっぱなしってことで(爆)

和田唱も相変わらずの天然っぷりでMCがあまりに面白かったので和田唱口調で再現してみます。かっこ内は私の心のツッコミです。

演奏終わって開口一番「フゥーーーーーーーーーッ!!!! 」(出たっ!マイケルシャウト)
「皆さんようこそ!そして呼んでくれてありがとう」(さすが和田唱礼儀正しいです。)
「昨日からそこのホテルに泊まってるんだけど部屋の窓からずっと富士山らしきものが見えてたんですけど今朝までは雲がかかってて。それが(富士山を指して)見てくださいよ(得意げやん)見える?(客、見えなーい)えっ?見えないの?そこから見えないのか!あ、ちょっと低くなってるから。うわーすっげえ!じゃあそこの草全部とりたいね(大ちゃんか誰かが木ですと訂正)ああ、木ね。木は全部とってみせてあげたいから。(カメラマンの機転でモニタに富士山が映る)ちょっとこれ~!(ああもう、この天然野郎、かわいすぎるじゃないか~)

「大ちゃん、総君……」(間があって、きっとしんみりするようなこと言っちゃうんだなと思ったら…)「もっと会話にどんどん入ってくれるって言ってたじゃない?頼むよ~」(客爆笑!)
大「や、だって格好良すぎて。フゥーッとか言えるのロックスターかレイザーラモンくらいですよ」
「ありがとう」(あ、褒め言葉と受けとったのね)
「じゃあ僕の大好きな曲歌っていいですか。すごく特別な曲です、シムシム聴いてくれ」(うわ~ん、ここで泣かす?)

「陽炎」
情感たっぷりでうはー。「あのぉ~街並ぃ~」とか 「浮かんだぁ~」とか「またそうこうしてぇ~」とかねちょっと伸びる語尾がはう~(←何?)あと「ざんぞぉ~がっむ~ねをっしっめっつっけるぅ~」と胸に手を当てるジェスチャーでの歯切れいい歌い方とか。完全に和田唱の歌でしたよ。やっぱりね唱くんの甘い声とフジの音は合うんだよね。はーもう。アウトロのギターソロがまたかっけーのなんの。もちろんここでも総君との掛け合いがありドキドキ。演奏終わって手を振って退場。あー行かないでー!

その後の大ちゃんのMCも面白かったです。
「トライセラとは長い付き合いでお互いのライブ呼びあったり。去年やったとき和田さんがずっと僕らの楽屋にいて。アコギを持ってきて歌ってたんですよ、自分の曲をね(笑)まあやってくださいって言ったんですけどずっとやめなくてしまいには僕ら出番なんですけどってなって(笑)ステージ裏でもずっとあのテンションなのがすごい」なんかもう想像つきまくりです。

引き続き、カトークをと言われ加藤さん
「これまで喋った言葉トイスしかないんですよ」
謎掛けでお題は富士山でとフラれて、じゃあちょっと喋っててくださいと言いながらもすぐに「ととのいました!」ってすげ早いの。プロ?(笑)
「富士山とかけまして好きな女性の家と解く 盗聴(登頂)したいのもヤマヤマだなあ」大拍手がおこる。おお~座布団5枚とも思ったけどこれ大丈夫ですか?ギリギリアウトでは?(笑)
トークが長過ぎたのか次のゲスト待ちきれず乱入(笑)

【真心ブラザース】
もう~長いよ~謎掛けとかはじめるんだも~ん!みたいな文句をたれるYO-KING(笑)
「TEENAGER」
おっさんがティーンエイジャー?ってこれがいいのよー。やっぱこの二人こころは若者なのかねー?こちらは桜井さんと交代でメインで歌ってましたよね。
「線香花火」
こっちは更にすんごいよかった~。本当に選曲がバッチリで真心の曲みたいだったし。フジQまでドライブにいこうかーとか歌詞にフジQを織り込んだりしてお上手。あと夏は簡単にはー終わらないのーさーって歌った後に「簡単には終わらないぞー!」叫んだのがね、もうぐっときました。なんつーか途中のシャウトとかもそうだけど客を盛り上げるっていうよりはフジファブリックをもり立てようとしてくれてるように感じたんだよね。んでこの曲にはスカパラホーンズも参加しててそのままSurferKingに流れるかと思ったら真心の二人はここで退場。

【スカパラホーンズ】
北原さんがメインで話すんですね。何か声が意外な感じ(笑)「私もこう見えてサーファーなんで」と言えばもちろん…あの曲ですよね。
「SurferKing」
インストバージョンでした。歌メロは総君ギター→ホーンズの面々→大ちゃんの鍵盤と交代でかっこいい!頭の中では志村くんがメメメメメリケーンってシャウトしてましたけどね(笑)ボーカルないけどフフッフフッフフ~のコーラスはありましたよ。


【Puffy】
「DOKIDOKI」「ByeBye」
提供曲2曲のみでカバーはしないのね。どっちも初聴きだったから新鮮でしたがやっぱり志村メロディだわ。
二人ともB.O.I.PのTシャツにグッズの蝶ネクタイでわざとらしくあれ大ちゃんあれ?それお揃いだねーとか事務所の先輩らしく物販の宣伝。でもTシャツすでに完売なのよ、トホホ。蝶ネクタイは結構してる人がいるのに驚いて「みんなお財布パンパンにしてきたんだね」ってそれ暗に高いって批判ですか?(笑)
「ByeByeは生々しいラブソングでこれ絶対実話でしょう?って志村くんに問いつめたら『いやー、あのー…どうでしょう?』って否定はしなかったから多分実話だよ」ってそうなの?
この曲はフジのアルバムにセルフカバーで入るらしく「うちらセルフカバー禁止なんだよね。やりにんだよ。だって本家がやったら絶対そっちの方がいいに決まってるじゃん。」「うちらちょいちょいやられてるんだよね」ってそれは愛のしるしとか?(汗)うーん志村君の声で早く聴きたい。


【片寄明人】
久しぶりだねって感じでメンバーと挨拶をして。
「花」
片寄さん自身のバンドのGREAT3は聴いたことなかったのでこんなきれいな声の人なんだって初めて知りました。志村くんが亡くなった後片寄さんのブログは読んでいたので、なんかその思いを歌から感じて切なくなりましたよ。
この曲のレコーディングの時に片寄さんのアコギとハープを使ったそうでそれを持ってきてくれて
「僕はフジファブリックが大好きです」ってさらっと言ったけどその一言でまたキュッとなりましたね。
「サボテンレコード」
ずっとさらっと歌う感じだったのが終盤テンポが上がって演奏も上がってきたところで片寄さんがシャウトというよりスクリーミング?片寄さんのすべてのい思いが爆発したみたいでさらに胸をギュッとつかまれました、しかしその余韻を残したまま退場、おいおいー。


【吉井和哉】 
「マリアとアマゾネス」
アーティスト紹介なくいきなりマリアの演奏を始めるフジのメンバー。そこに悠々と登場ですよ。なんだこのかっこよさは、これぞロックスター!唱くんもこのくらい頑張れ(って失礼すぎ?)いやはや、イエモンも吉井さんのソロも全く聴いたことなかったけどすげーかっこいい!ロックスターは違うぜ。そしてこの曲の怪しさやいエロ感じがなんとも合ってました。

昨日は出演者全員で親睦会をやってずーーーっと下ネタでもりあがったそうな。大ちゃんが下ネタって平和ですよねって言ったのが笑えた。あの志村が民生のライブをここで見てって話はもうしたの?ってネタフリから志村くんがそのとき警備員に取り押さえられた話になって、今日は社長も忍び込んでも許すって言ってましたとか。なんかこの話はした?とか一々確認したりしてる姿がアニキ風つーか、おせっかいな世話焼きおじさんつーか(笑)微笑ましかったデス。志村の代わりにはならないけれど歌います。と
「Anthem」
歌う前に三日月!って空を指差して(でも残念ながら正確には三日月じゃないんだなー)いちいちかっこいいよね。それにしてもこのAnthemは染みました。サビの吉井さんのファルセットが美しかったなー。荘厳な感じの演奏が吉井さんの声に合ってて素晴らしかったです。ていうかこんなに吉井さんなのに時々志村に聴こえたのは何故?

【くるり】
まさかの本編最後のゲストがくるりですよ、奥さん!
「Sunny morning」
ギャ~ンと最初のギターの音が鳴り響いた瞬間に、ああ岸田だーって(笑)岸田の声何度も裏返ってのどの調子が今イチなのかつう感じもありつつでしたが、こういう明るい曲をやってくれるのは嬉しかったり。あと例によって総くんと向かい合うともうドキドキ(笑)
途中でモニタ見て気付いたんだけどこの時加藤さんがギター弾いてたよ!

「同じバンドやってるもんとして羨ましいイベントやな」
「志村がおったときは志村とばかり喋ってた」
「志村は富士山のてっぺんにきてるんやけど」
「フジファブリックは今日本で一番かっこいいバンドですよ」
何かこんなようなことを喋ってたけどとりとめないっていうか繋がりがなくて何が言いたいのかよわからんかった。どうした岸田?
 
「日本一輝いてるバンドやけどすごい変な曲が多くて最初ラジオで聞いた時はビックリしたんやけどすぐに大好きになった曲があるんでそれをやりたいと思います」それはもしかして…
「銀河」
これがさーいきなり♪むぁ~よなぁかぁ~と妙な節回しで…さすが岸田。でも嫌いじゃないぜ(笑)
タッタッタタタッタッタッタのくだりも口がまわり切らない感じが微笑ましかったりして。銀河でもサビで声が出切らなくて叫ぶみたいな時があったけどそれもまたよかった。そうそうこっちはさとちんがギターでした。
どうでもいいことだがくるりの時けっこう黄色い歓声が多かったのよねー。岸田先生本当に女子に人気なのね(笑)

「今日はありがとうございます」と大ちゃんが挨拶して全員退場。

アンコール
「ありがとうございます、やっとここまで来ましたね」ってこのイベントを成功させなければってプレッシャーもあっただろうし、無事開催にこぎ着けたことと、本編まで無事にやりきったこと、その感慨がおおきかったんだろうなーってうんうんうなずいてしまう私。

「会いに」
もちろん初聴き。総くんのボーカル、爽やかでよかった。うん、よかったよ。でもなんかモニタに映る総くんの歌う姿が痛々しいというか、頑張らなきゃって精一杯自分を奮い立たせる感じがして素直に聴けなかったかも。ゲストボーカルはフツウに聴けたのに、メンバーだけにちょっと今更ながらに志村くんがいないからって思い知らされて辛いていうかね。

最後はこの方に締めてもらいましょうと奥田民生登場。
「うちの事務所の稼ぎ頭が、大きなコンサートを開きまして皆さん来ていただいてありがとうございます。事務所の顧問であります私がいやなんですけど最後を務めさせていただきます」みたいな笑える挨拶で愛情をゆるめてからもちろんあの曲を。
「桜の季節」
ふはー。染みるよね、わかっちゃいたけど。年末にCDJでやったっていうのを某tubeで聴いたけどあれは本当にこちらが辛くなってしまうくらいに悲しみに溢れていたんだけど、今日のはちゃんと届くように丁寧に歌い上げられていて、ああいい曲だなって思いながら泣かずに聴く事が出来ました。

最後の最後に3人が前に出てきて、スタッフや出演者への感謝の言葉と「これからも頑張って行くつもりなのでよろしくお願いします」と挨拶。えっとこれはフジファブリックを続けていくって宣言ととっていいんですよね。なんか勝手にフジは志村の残した曲を完成させてこのイベントをやり遂げたら区切りをつけてそれぞれに再出発なんだろうって思い込んでいたので本当に驚いたっていうかよかったていうか。でもキツネにつままれたようなそんな気持ちでしたよ。
モニタにはエンドロール?若者のすべてにのって全出演者のアー写とフジと一緒にの写真が順々に映し出され、それぞれに惜しみない拍手をするお客さん。もちろん私達も一緒に感謝の拍手をします。それが終わったところで花火がどーんどーん。うわー最後の花火だね。何年経っても思い出してしまうな。きっと。

終演後は規制退場。私のブロックはほぼ最後の方だったから長かったー(汗)でもなんていうかこの場を立ち去りたくない気持ちもあって待ってる間もちょっとほわーんとしつつボンとあれがよかったねとか感想を喋りつつ余韻を満喫。とりあえずセトリが神だったってことは意見が一致(笑)退場OKの指示が出たので歩きながらステージを名残惜しく凝視しつつゆっくり歩いてたらすぐに前がつまって、今度はバス間に合うかって心配で早く出たくて焦るつうね(ツアーバスなので余裕で間に合いましたが・笑)

そんなこんなで4時間、各アーティスト2曲ずつだったし、氣志團以外は基本ギタボだから転換も早くてツナギのMCも本当もっと喋りたいだろうにくらいだったからスムーズな進行であっという間に終わってしまった感じ。やってない好きな曲はまだまだあるしもっとやってほしいとも思うけども、でもそれぞれのアーティストがマジでそれやっちゃう?っていう見事な選曲で満足だったからヨシとしなくてはね。しんみりしたり切なくなることもあったけどかなり楽しんでましたよ私。もう志村くんは帰って来ないしこれからのフジファブリックがどうなっていくのかもわからないけれど、出演されたアーティストの皆さんや16000人のファンと素晴らしい時間を共有できて、今のフジファブリックが本当にかっこいいバンドだって再確認できて山梨は遠かった(東京の隣の県だって舐めてました)けど頑張って来て良かったと心から思ったのです。
というわけで無駄に長くて上手いこともかけてなくてさらに1ヶ月近くもたって全然フレッシュじゃないレポは終わります。最後まで読んでくださった方がもしいたならありがとうございます。

これでやっとMUSICが聴けるー!


hujiQgoods.jpg
グッズのうちわ もったいなくて使えなかった(笑)

hujiQgoods4.jpg
入場時にもらったピックかわいい! こんなんもらえるって知らなかったからより嬉しかった♪

hujiQgoods3.jpg
JTBのツアー参加者特典のバッグ これは使える!


スポンサーサイト
ハナ姐
フジファブリック   2

読んだ!
渾身の力作お疲れ様でした。
翔やん(←親しげ)のMCにこっちまで笑いながらうるうるしてしまったよ。
また後でゆっくり読み返しに来ます。
RSR楽しんできてねー♪
2010/08/13 07:22 | | edit posted by みねぞう
遅くなりました(汗)
みね様、レス遅くなってスミマセン(汗)

もう、ここにくるまで本当にみね様には沢山助けてもらって、ちゃんとご報告したいと思っていたのでぜひ読んでもらいたいと思ってはいたのだけどなにせ長いからねー(笑)さすがにお願いは出来なかったのだわ(汗)なのでこの長文を最後まで読んでくれて本当にありがとうございまっす!

翔やん(私も勝手に親しげに…笑)のMCは本当に笑えるけど愛があって良かったデス。Pさんからも面白いですよーって聞いてたので期待はしていたけどいやー期待以上だったわ。

それからRSR(爆)今更ですが堪能してきました!今日明日中にはここにレポ的なものをあげる予定だけど書けるかなー(汗)


2010/08/21 15:14 | | edit posted by ハナ














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。