スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナ姐
スポンサー広告  

くるりワンマンツアー~敦煌~@ZEEP SAPPORO 2009/06/06
くるりのツアー初日に行って来ました。
ボンと2人、土曜日ってことで余裕をかましていたら、その日は登校日(中間テスト最終日)ということが発覚。下校してからの出発てことでかなりギリギリで焦りました~。

札幌駅着が16時15分。開場が17時ジャスト。
いや、まあ開演には余裕で間に合うんだけど、せっかく二桁の整理番号だったので、やっぱり開場に間にあいたいし、その前にホテルに荷物おかなきゃならないしで、到着前から一人カリカリしておりました。
乗り換えも、ホテルまでの道のりもとにかく急ぎ足。
ホテルからはすぐだったのでTシャツ1枚でダッシュ。なんとか5分前到着~ホッ。

入り口でチケットと引き換えに、噂のiTune Cardをもらって、するすると通路を入って行くとフロアの手前で一旦待たされ走らないでと注意。はいわかってますって。で、やや速足でフロアに入ると佐藤くん側が埋まってるので奥の方に空いてる所に来たら、あら岸田真ん前!でもそれ以上隅には行きたくないので、たまにはいいかと落ち着いてみました。周りを見渡すと意外に男子率高い!しかもわりと年齢近いかもな感じな方もいたりして、ここ居心地いいかも~


そんなこんなで待つこと1時間ちょい。
ステージを見るとふれあいコンサートの時と同じ(?)木製の譜面台。そしてドラムセットがシンプル。今回のサポートが誰なのか全く知らなかったので、それを見ながら誰だろう?と勝手な予想、ボンと私はもしかしてあらきゆうこさんだったらいいなあとか喋ったり、セットリスト予想したりで、1時間辛くなかったです。

定刻を少し過ぎてスタートです。




グッズ1


↑終演後ガッツリ並んで買ったグッズ。
タオル、ステッカー、ピンズ
後からおパンツも買えば良かったと少し後悔(笑)






客電が落ちて、拍手の中ゆっくり歩いて登場の3人。
ドラムはボボさんでした。
岸田は紺地に黄色いプリントのTシャツで裾が切ってるのかほどいてあるのか、下は黒いスキニーとロックな出で立ち。細いー!足もだけとニノウデがね~(ドキドキ)そして黒メガネ~♪髪はほどほどに伸びていて、もっさい岸田復活で嬉しい(笑)
佐藤くんは休日のお父さんのようなピンクのポロにストレートジ-ンズ。や、さわやかですよ。


【愉快なピーナッツ】
さてさて、1曲目は何?と待ってるとクリームのテレキャスを持って…ゆったりと弾きはじめたリフ。穏やかで暖かい空気の中始まった嬉しさでついニコニコしながら聴いておりました。
そうそう、イヤモニ使ってましたがすぐに外して、その後もつけたり外したり、あまり調子よくなかったんでしょうかね。

【新曲(太陽のブルース)】
特に曲紹介もなく続けて2曲。ミディアムテンポでじっくりと聴かせてくれるグッドメロディな感じ。サビで「でもふれあって~(ふれない?)」って歌ってたような。

【新曲(夜汽車)】
歌詞に夜汽車って出てきたので多分そうかな。今度は同じくミディアムテンポながら思わずスイングしてしまうような陽気なリズム。カントリーっぽい?旅の歌なのかな。へい!とか、ららら~とか楽しげでした。

【ミレニアム】
ベースのイントロでうおおおーーーーー!来ました図鑑から!スリーピースてことでかなりシンプル。岸田の歌い方は当時よりラフな感じで、今のミレニアムに仕上がったましたよ。あ、最後は原詞通りにただの平成12年だって歌ってましたよ(どうでもいい情報)

一旦MC。札幌はライジングぶりとかたぶんそんなこと。ポカリのお湯割り一口飲んで床に投げ捨ててました。

【ホームラン】
せっかく佐藤くんがピンクのポロを着てるので佐藤くんの曲やりましょうって始まったのがこれ。シャバダバダーで否応にも気持ちがあがりまくり。最後のダバダバシッも決まったゼイ!

【青い空】
【トレインロックフェスティバル】
【すけべな女の子】
ホームランから続けて演奏。ここの流れが最高にカッコよかったー!くるりはゆっくり目の曲派だと自認してるけど、速い曲はやはりライブではたまらんね。青い空でのキュイーーーーーーーンとか、岸田ギターの見所がぎっしり。あとこの流れのドラムもがっつり楽しませてもらいました。昔はこれモッくんが叩いてたんだよなー、もっくんのも聴いてみたかったなとかそんなことも思ったりしつつ、ボボさんもかっこええ。

MC  曲名わかんないけど有名な洋楽のシャウトやったりして、笑いをとったりしたあと、今からムーディーな曲やるのに変なテンションになってしもたとか。ムーディーて(笑)

【デルタ(新曲)】
歌いだしがデルタの先でギターを~とかで、タイトルがいきなり出てくるんだーと思いつつ、しっとり聴かせる感じで、つい目をつぶって横にユラユラしたくなる感じではあったけどムーディーだったかどうかは記憶なし。

【リルレロ(新曲)】
ぶっ飛んで面白い曲でした。タイトルは紹介しなかったけど、歌詞にガマの油リルレロ~ってあったから間違いないよね。佐藤くんのカズーがいい感じにファンキー。

【かごの中のジョニー】
元々が濃いアウトロだけど、すごかったー。途中からギターで第九、歓喜の歌のメロディを演奏してそのままドイツ語で歌って、そのまま終わるかと思ったら今度は冬の亡霊のフレーズが飛び出したりして、ディープでカオスな、これぞくるりワールド、濃かったです。

【新曲(natsuno)】
前のジョニーのインパクトが強すぎて残念ながら記憶なし。

【さよならストレンジャー】
今度は岸田がカズーを使ってなにやら和風なメロディを吹いていたので、あれか?前やっていた即興のご当地ソングをやってくれるのかと思ったらら、そこからクリアなギターのイントロ。ふんがっ!まさかこれやるんだって泣きそうになりました。

【さようならリグレット】
さよなら繋がり?(笑)シンプルなギター、ベース、ドラムだけのリグレット、ありだと思います。全く違和感ありませんでしたよ。胸キュンキュンしながら聴いておりましたー。でも聴こえないはずの女性コーラスが聴こえて、え?え?って周りを見回してしまいました。勝手に脳内でコーラス追加して聴いちゃったみたい(時々あります・苦笑)

【チアノーゼ】
キュイーーーーーーンってギターのイントロでキターーーーーー!(笑)特に間奏で合いの手のように入れるワンフレーズがいちいちどれもカッコよかったなー。

【窓】
アルペジオの切なげなギターで、またまたキターーーー!2番Aメロからなぜかラララ~で歌ったのは歌詞忘れ?それとも敢てなのかわからんかった。僕らは~の前の「結局」のあがる感じでぐぐっときました。

【虹】
名曲続きの流れにうわ~となりつつ、3拍子に体はゆらゆら。大サビのコーラスを聴きながら2006年のRSRを思い出してしみじみしたり。(雨の中、喉の調子の悪かった岸田を佐藤くんがコーラスでカバーしていた)

【ばらの花】
本編ラストがこれかと一人苦笑(理由はもはや言わずもがなかと思います)でも、やっぱりこれが一番歓声が大きかったっす。しかしながら3ピースでの「ばらの花」は初。全くもの足りないなんて事はなくて、これも曲の力なのかななんて思ったり。


アンコール

ステージには椅子が設置。スタッフがアコギを手渡したのでなにかなって待っていたら
♪夏もちーかづーく、八十八夜ー、野ーにもーやーまーにーもーわーかばーがーしー・げー・るー。
ああ、そういうオチですか。コードを確認しながら、こうだっけ?こうやったっけ?を弾き直し(笑)


【魂のゆくえ(新曲)】
アルバムのタイトル曲をと紹介されて弾き語り。これがほんわか暖かくて、優しくてメチャメチャ良かったーー!佐藤くんはかわいい卵形のシェイカー。このシャカシャカも気持ちいい♪

このあと物販タイムってことで佐藤社長自ら、次々とツアーグッズを紹介。しかもその紹介の仕方がアバウトすぎ。「社会主義的なピンズ」って言い方に大ウケ。そして例のおパンツ(照)佐藤社長も女もんのパンツを持つとは思わへんかったーと照れを見せつつ。このときまで後ろにいた岸田がいきなり前に出てきてパンツ(ズボンの方ね)をするっと下げてお尻を突き出したのでうひゃーーー!というか、周りキャーキャー(はあと)グッズのピーナッツパンツはいてました。かわええ。
アルバムの紹介で謎の板の事にも触れ、夏を満喫出来るかもとかなんとか、そして音博の話に移ったのでもしかして音博で使うもの?とか思ったりして。

これで終わりなんやけど、まだ時間が余ってるのであと何曲かやります、と出来る曲のタイトルを次々言って、お客の反応の大きさで決めるとか。
その中であがっていたのは、ARMY、Race、りんご飴、ロックンロール、HOW TO GO、ブレーメン、ハヴェルカ、リボルバー、等等。私はだいたい反応薄いのが聴きたかったデス(笑)Raceも反応少なめだったんだけど、岸田が「これ一番好きな曲やのに」って言ってましたよ。じゃあやってくれい。

で、反応を見てた割に結局は岸田の独断で決まったぽいですよ。

【飴色の部屋】
これは去年のRSRで聴きそびれた曲ってことでリベンジ達成(笑)ほわ~っと聴いてたらあっという間に終わっちゃった、早っ!

【尼崎の魚】
きゃー!ですよきゃー!念願かなってやっと聴けました。あまりの嬉しさにずっとニヤニヤしてたら、あとからボンに、あの時ニヤニヤしてたでしょって突っ込まれて焦りました、いやーん。この曲もアウトロのぐじゃぐじゃってなるところで更にグッときました。

【ロックンロール】
この曲、ライブだと未だにドキッとしちゃう。やっぱり達身さんがいないとギターがスカッとしちゃうところがあるよね。でもこれもありだとは思ってまーす。もう割り切ってこれは達身さんを思い出す曲として聴くことにするよ。サビではどうしてもPVのように歩き出したくなっちゃう(笑)

【街】
これ客がまちー!まちー!って声が多くて、ボボさんは嫌って顔してたんだけど、まあ練習のつもりでやってみよかってことになり。私は「マーチ」のことだと思っていたので、こ~のぉ~~~~~っって歌い始めにビックリ(笑)いや、どっちも聴きたかったんだけど、心の準備がね。顔をぐしゃぐしゃにして熱唱する姿や♪飛びー出してーの「びぃー」で声がひっくり返っちゃうところとか目と耳にしかと焼き付けましたよ。そうそう。最後の最後にメガネ飛ばし!うをー!


なんかもう、久々にロックなくるり、いや違うか、自由なくるりを見たなあって印象でしょうか。
もちろん、今までも思う通りに音楽をやってきてたんだろうし、そんなくるりをかっこいいと思って聴いてきたわけですけどもね。
開始後しばらくは、新曲が続いたりで、みんなもの足りなさを感じてるんじゃないかなって思わなくもなかったんだけど、ステージの上は本当に楽しそうで、岸田の表情もやってて嬉しいんだろうなーって笑顔。それはその後のアゲアゲ(笑)ゾーンでも同じで、この3ピースというシンプルな構成でなんでもできちゃう自由さをとても強く感じたわけです。
前のふれあいの時は音に愛されてる、岸田の言葉を借りるなら音が喜んでいる幸福な空間だったっていう印象ですが、今回は音を愛でてる感じ。まあこんな抽象的な感想はどうでもいいですかね。




おまけ。

今回の使用ギター
初盤はクリームのテレキャス、青い空から黒いストラト、この2本がメインで途中からはなんの曲だったか1曲だけSGを使って、アンコールのアコギはギブソンのいつものでしたよ。

最後にどこで言ったか忘れた面白MC
案の定電車について語りました。今回も地下鉄南北線に乗って、中島公園から南平岸まで、そこから折り返してすすきのに行ったらしいです。平岸から南平岸の地上に出るところが好きなんだそうです。マニアック(笑)
「皆さんご存知でしょうが、札幌の地下鉄はゴムの車輪だからホームに入るとゴムのニオイがするんですよ。え?知らんの?今度ニオイでみてください。」
「ひとつ、腑に落ちんことがあって。最近アナウンスで次の停車駅は○○って言ったあとに英語でnext station is ミナミィヒィラギスィ(←裏声で) とかいうやろ?駅名を英語風に発音する意味があるのかって」
エアポート快速でも停車駅言うやろーと英語発音で「オタル、ミナミオタル、シンサッポロ、オタルチッコウ」とか、文字にするとわからないだろうけどこの言い方がすごく面白くて。でも東京の地下鉄は違って英語でnext station is ~と言ったあと思い切り日本の発音で広尾とか言うらしいです。で、どっちが正しいのかという話になって、佐藤くんが、それは正しい発音で言うべきとか言ったあとに
「でもなあ、仮に海外でも日本向けのアナウンスがあったとしたら、次の停車駅は~ピプィカデリサークス(もちろんわざとらしい英語発音で)とかなったら、変やろ?なんかアホくさいやないですか」で結論は、「まあどっちでもええか」ってことに(笑)

アルバムの紹介の時、魂のゆくえを「魂のユキエ」と言います。
「アルバムツアーなのに札幌はまだ出てなくて申し訳ないです。アルバムで聴いたらまた全然違うと思います。くるりは思いつきで演奏してるので。」
もうすぐ終わりと言ったあとに、「でもくるりはアウトロとか勝手に伸びるんで」。とか、ジョニーを聴いたあとだったので納得。
「痛っ、爪割れてもた。バンドエイドバンドエイド~。まあええか」まあええかなら騒がんでも(笑)心配してもらいたかったの?.あと北海道ならカットバンだけど、京都はバンドエイドなのね。

【注】
新曲のタイトル表示は、曲紹介のあったもの、歌詞等からその場でわかったものは
タイトル(新曲)
あとからアルバムを聴いてこれだってわかったものは
新曲(タイトル)
と表示してます。


goods2.jpg
佐藤社長が物販タイムに笑いをとったピンズ.確かにお隣の国ぽい。

goods3.jpg
↑これはグッズじゃないですが。札幌では袋下さいって言わないとくれなかったので注意(笑)
スポンサーサイト
ハナ姐
くるり   2

遅ればせながら
ハナお姐~、レポお疲れさまでした~!
もう、以前に読ませてもらってたんですけど、コメント書くのが長くなるので(笑)
やっとコメント書きにこれました。そしたら、テンプレ変わっててびっくり。
や、すごく良いですね。このテンプレ。

アルバム聞き込んで予習しないとアレかなと思いきや、楽しめたようでよかったです♪
なので、私もそうしてみようかな?と思ってあまり聞いてません。(笑)
でも、「図鑑」だけは予習していこうっと。

実は、某村にもたくさんくるりライブ参戦した人の日記が新着にアップされてて、
もう、それも見まくりなんですが、どの人も「ホームラン」→「青い空」の繋がりを絶賛されててね
今からすごく楽しみです~~~!!!

携帯サイトのペンタよりも熱くないので(爆)某村住人のレポはすごく読みやすいです。(笑)
最近、ヤマスファンによる、ユニコーンファンとか
ヤマスファンによる、くるりファンとかの温度が丁度良いんですよ。( ̄m ̄*)

そうそう、「青い空」は「まZEPPツアー」以来聞いてないので
すっごい楽しみ。ワタシ的には一番好きな上げ上げ曲です!

それから、私は「バンドエイド」か「絆創膏」って言いますよ。
「カットバン」って言う地域もあるんですよね。九州に多いみたいですけど。
カットバンもバンドエイドもどちらも商品名なので、その地域でよく売られる商品だったり、CMでよく聞いて覚えてたりするのかもね。(笑)
2009/06/23 14:34 | | edit posted by Chiharu☆.。.:*・°
亀でごめんなさい(滝汗)
Chiharu☆.。.:*・°ちゃん、いらっしゃいませー!
テンプレも褒めてくれてありがとう。

コメントくださっていたのにこんなに遅レスでスミマセン(汗)
いや、もうここはコメントないだろうとチェック怠ってました。
そしたらいやーんなコメントもまた増えてるし…やっぱ他のところに移ろうかなあ。

予習なしではどうなることかと思ったけど、むしろ先入観なしで聴けて良かったっす。未だにアルバムを聴くとライブを思い出してニヤニヤしちゃってますよー。でも今度は曲をちゃんと知った上で聴きたいと思ってしまいます。他のネタバレも見てはいないんだけど、きっとアルバムリリース後はセトリにアルバムの曲増えてるよね。背骨とかレベル45とかベベブとか聴けてない曲まだいっぱいあるし、早く次のツアーやってほしい(笑)
Chiharu☆.。.:*・°ちゃんは我慢しないでしっかり聴いて行ったらいいですよ。「魂のゆくえ」も「図鑑」もアレンジが違うから聴き込んだ方がより楽しめる気がしますがどうかなあ。

>某村
私は住民じゃなくなってしまいましたが(というか期間限定だったので邸を覗く以外にはなにもせずひっそりと去りましたが)何気にくるり好きさんも結構いるんですね。
ちょうど良い温度が読みやすいってわかる気がします。たとえ自分もものすごく好きで理解出来るとしても、でもあまりに熱すぎるのはちょっとヒイちゃいますよね。実は私も最近はちょっとそこら辺を考えて冷静さをもって書くようにしているつもりだったりします(全然そうは見えないかも・苦笑)

>バンドエイド
あーなるほど。カットバンもどっちも商品名だったんですね。てことは関西はバンドエイドが強いってことなのかな?これを言った時、後ろから「かわいそう~」って声が聞こえてきて、岸田めこれを求めてるのかーとか思っちゃいました。結局バンドエイドは貼らずにとおしましたけどね。

Chiharu☆.。.:*・°ちゃんの武道館もいよいよですねっ!
レポ楽しみにしてまっすよ~♪
あ、そういえば武道館WOWWOWで放送決定しましたね。このためだけに加入するかかなり迷い中です(汗)


2009/07/05 19:24 | | edit posted by ハナ














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。