スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナ姐
スポンサー広告  

ほたる日和 1st Album「elementary」 RELEASE TOUR@帯広MEGASTONE 2010/03/27
ほたる日和の「elementary」 RELEASE TOURに行ってきましたよ。
いや、地元民としては ほたる日和も出演する「とかちMUSIC ALIVE 2010」に行ってきましたよというべきでしょうかね。



諸事情あって開演に間に合わず到着したのは18時半頃。
中に入ると黄金クリムゾンが演奏中。
とりあえず真ん中辺で柵につかまって観てました。
ライブを見るのは2回目、わかりやすいストレートなロックで気持ちがよいです。音的には似てないけど怒髪天のように男気が満載(笑) しかし遅く入ったせいで2曲しか聴けなかった、たはは。

セットチェンジの時間でFM-jagaのパーソナリティさんがトークしてくれるので退屈しないで待てるのが良かったっす。 長丁場のイベントはこの間がつらいんだよね。

次はHOT ROD BIRD。何気に3回目なはずなんだけど…1回目の記憶が全くなく、2回目は去年の5月で駐車場の移動をしなくちゃいけなくて途中で抜けたんだったのであまり印象が無かったんです(汗)でもねでもね、最初は声と歌い方がうーんて思ったんだけど、演奏が素晴らしかったし、だんだん良くなってきまして「青い春」とタイトル失念したけどラストの2曲がね、ぐっときました。ボーカルさん、まだ26才だったのね…髪型とかちょっと安斎先生を思い出してしまった(ラストオーダーズのインパクトがすごかったもんでスミマセン)
全員スーツつうのがまたかっこいいよね。ギターさんが顔がバイン田中似のイケメンで背が高くて細いからギターの弾き方とかアベっぽくて、ついそっちばかり見てしまった。てか曲により、ちょっと本当にミッシェルガンを臭わせる感じのもあったよね。

そしてUnLimited。彼らも今日でなにげに3回目でした。18~20才と若いバンドだけあって見る度に成長がわかりますね。ただHOD DOD BIRDの時と比べて音響が悪い感じだったのが残念。 今回は肩の力も抜けてMCもユルくていい感じ。久しぶりの地元ってことで沢山喋ってたけど札幌ではあまりMCは挟まないそうな。それにしてもいかにも若者の会話(笑)ベースの中島くんはどうしても入りたかったっていう経専なのに、サボりすぎて春休み補習で今回のライブにギリギリ間に合ったとか。とりあえず高い学費払ってもらってるんだろうからきちんと学校には行くべきだと思うよ(母目線)
ってMCはいいとして、なんかね前と比べて曲の伝えたいことがしっかりと届いたように感じましたよ。特に前回にもやった「世界」が良かった。それとタイトルはわからないけど歌詞に「ほたる」って出てくる曲があって、たまたまなのかもしれないけど次がほたる日和だったから憎いねーとか思っちゃった。最後に「ライブではいつもオリジナル以外はやらないんだけど今日は卒業の気持ちを伝えたいから」とユーミンの「卒業写真」のカヴァー。これも良かったね。アレンジもいいし吉田くんの声がすごく合ってました。



そしてトリはお待ちかねのほたる日和
ずっと後ろの方で見てたけど最後くらいと前に行ってみました。
セッティングも自分達で。あやこちゃん高校生みたいなミニスカ&紺ハイソ。早川さんはグレーの上下で地味ですね。

一旦引っ込んで紹介のあと再登場♪


セトリは本編8曲、アンコール2曲
前触れ
セピアフィッシュ
少年時代
caramel
りんご飴
季節はずっと
pierrot
昨日の音色

スケッチブック
水色写真(というタイトルらしいです。初聴き)


1曲目は「前触れ」。アルバムのオープニング曲でもあり始まりの期待感にあふれたイントロでやっぱりこれだよねーとわくわく♪今回ほぼ全部曲を知っている状態でライブに来られたのでイントロが鳴らされる度にあーこれ!って喜べるのもまた嬉しかったな。
最初全然早川さんの声が聴こえず前に来すぎたかと焦る!!!でも途中からちゃんと聴こえるようになって一安心。だって、あのボーカルが聴こえなかったら意味ないじゃんねえ。もう終始やわらかいハイトーンボイスにほえーですよ。あ、でもコーラスはずっとほとんど聴こえてなかったね。多分聴こえてたのはマイク通してない地声の方だったと思う(笑) 「caramel」のトゥルトゥル~も聴こえなかったもの。あそこ好きなのに(汗)
セピアフィッシュの時だったかな曲紹介でわーって歓声が上がったんだ。地元にも本当に好きで来てる人がいるんだねってちょっと嬉しくなったりして。
アンコール1曲目の「スケッチブック」改めて歌詞を意識しながら聴いたらじーん。
なんかもうあっという間でした。細かい感想は書けないけどやっぱりライブはいいわ~。「elemenntary」の曲は鍵盤入ってるのが多かったけどライブアレンジは全然違和感なかったです。つか今回は倉橋さんのギターにやられましたねー。特に「pierrot 」高音がかっこいいー!基本でしゃばらないっていうか、でも絶妙なとこ突いてくるっていうか。んで時々ちょっとエモくなるのがまた良い。 えっとテッちゃんタイプ?(笑)
そうそう、最初はスピッツぽいバンドっていう印象だったけど、今回のライブでしっかり聴いて改めてほたる日和の曲は早川さんの思いが隅々までつまっていて、ほたる日和独自の世界観を持ってるなとかそんなこと感じながら聴いてました。
帯広ってことでMCも駒屋のおにぎりとか地元ネタ満載でしたね。前回の幕別の時はちょっとかしこまってるかなって感もあったけど、ライブハウスだからか、それとも2度目の来帯で慣れたのか、ぶっちゃけキャラなの?なんかイヤラシい宣伝もかましつつなリラックスした感じが、普段のほたる日和って感じでなんだか楽しかった。って普段の東京でのライブは見たことないからわかんないんだけど。

終了後は物販でTシャツなんぞ購入。とても良かったから色色と感想なんかも言いたかったけど、緊張しいなもんでまた来てくださいねーなんて事しか言えず退場(汗)

そして外に出たら雪ー!数時間の間に積もってた…。
車に戻ってまず凍ったフロントガラスをガリガリ。寒かったよー。
なんかもうちゃんとした感想とか書ける気がしないので雑ですがこれで終わりですー。


100327_2331~01
スポンサーサイト
ハナ姐
夏フェス・イベント   0















 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。