スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハナ姐
スポンサー広告  

モーモールルギャバン『2010年野口の旅』@帯広REST 16/04/2010
まさかまさかのモーモールルギャバンが帯広に来るっていうんで、平日でスタートが20時ってちょっと遅いよねとか思いつつもボンと二人で行ってきましたよ。

帯広RESTについたのは時間ギリギリ。でもセッティングがおしていたらしくスタートも15分くらい遅れてました。
どうでも良いことだけど、Restでは久しぶりにワンドリンクだったのよ。そしたら発泡酒とお茶とリボンシトロンの3種類しか置いてなかった。突っ込みどころはたくさんあるけど、なぜ3種類しかないのに貴重なひとつがリボンシトロン?あと500円払うんだからせめてビールにしてよねーとか思ったり。
例によって諸注意の前説(?)から。もう何回も聞いてるから私的には不要なんですけどしょうがないよね。
いつもこのてのイベントはスカスカでせっかく来てくれたアーティストに申し訳ない気持ちになるんだけど、今日はわりと人いるじゃん。よしよし。しかも常連ぽくない雰囲気の人が多かったりJKがいたり(笑)これってモーモールルギャバン目当てが多いってこと?とか期待したけど、どうも黄金クリムゾン人気だったみたいです。きてるね黄金クリムゾン。

100416_01.jpg
100416_1957~01
1バンド目は地元の「ROSE AN`NA」
3ピースでスーツ!ボーカルの人のキャラが面白かったです。他の出演バンドを紹介したあとに噛まないで言えて良かったとか言ってて。それってモールルのことですよね?
音的にはグラムロック+ロカビリー+ガレージパンク÷3つう感じかな。まあ雰囲気的には帯広のバンドって感じでした。時々高速カッティングとかミッシェルぽいギターフレーズがあっておおっとなりました。 オープニングアクトとしての役目はしっかり果たして、フロアをあっためてくれてました。

次は東京からきた「ドブロク」
全く事前情報なしで初聴きでした。ルックス的にはボーカルは浜ちゃん、ベースは山崎まさよし、ドラムはかなりイケメンのイトシュンな感じ。セットチェンジに出てきた時点でいい雰囲気を醸し出していたので、この人達は絶対イケるよねとボンと言い合ってましたが実際かなり良かった。はるばるやってくるだけあって演奏も曲もクオリティが高いし、なんつうんでしょう。スタイルじゃなくてちゃんと中身のある音楽だなーと思いました。雰囲気的には真面目なボガンボス?ボーカルに暖かみがあって好きです。「サカナの子供」という曲が特に印象深かったかな。ボーカルさん関西人ぽ喋りでまたいい感じ。帯広は代行が多くていい街ですねって言ってたのがウケました。なぜそこに目が行くんでしょう?って確かに代行多いけどね。あとベースの人の動きがスゴすぎ。 大きなエレキウッドベースでステージから降りてくる人初めてです(笑)

3バンド目は「黄金クリムゾン」。何気に見るの3回目だわー。この前のとかちミュージックアライブに出演してた時にも感じたけど、ノリにノッてますわね。もう何やっても許される感じ?途中ギターを観客(地元のバンド仲間ぽい。どこかで見たことあるっぽい人だったので)にまかせてフロアであばれちゃったりとか(笑) 何度もモールルやドブロクへの歓迎の言葉を放っておりました。
終始直球ロケンローで大盛り上がりでしたが、私この時フロアに「暮らし」の地獄坂電柱さんを発見して、もうずっと気になってしょうがなかったのです。


そしてトリはもちろん「モーモールルギャバン」!
ドラムを前に持ってきたり銅鑼がでてきたりとセッティングで既にあがるー!ちゃんと音源で聞いてないので知らない曲の方が多かったけど関係ないねー。いやはや、思ってた以上に良かった!ものすんごく楽しかったっすよ。ちなみにやったのは1曲目はタイトル不明その後は「POP!烏龍ハイ」「野口、久津川で爆死」「ユキちゃん」「サイケな恋人」アンコールは1曲だけと「美沙子に捧げるラブソング」の計6曲、やっぱりイベント形式だと少ないよね、あっという間で早かった。ゲイリーさんのドラムプレイ、某tubeで見てはいたけど本当にあの動きなんだってのがまず驚きです、無駄が多いのにある意味美しいわ。よくあれで歌えるなって思ってたらMCでの息切れがハンパないたっら(笑)ユコちゃんかわいい&キードード持ち上げて弾いたり、銅鑼の叩きっぷりがかっこええ!マルガリータさんはずっと物販にいたときは大人しそうだったのに、ステージに上がったら…ギャップありすぎ、なんでもできる人だったんですね。野口…での小芝居?が激ナイスで惚れそうになりました(笑)サイケでのあのコールは、いやー一人だったら平気なんだけどボンが横にいたらさすがにねー(汗)まあ口パクでやってるフリしましたけどね。
帯広でちゃんと盛り上がるのかって勝手に心配していたんだけど、さすが京都のバンド(メンバーの出身地はともかく)がっつり持ってきましたね、さすが~

終了後はモールルとドブロクのCDをボンに買わせ、サインもらわせ(笑)ホクホクで帰りました。また来ますよって言ってたらしいが本当に?来てくれたらもちろんまた行きますー!

100416_1958~02

↑階段のスネアカバーのサインまたかわってた。これ誰のだ?
スポンサーサイト
ハナ姐
ライブレポ   0















 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。